Rokuro.Org

(六郎.オーグ)

老齢化が進み長距離介護や在米介護をされている方が増加していますが、アメリカでは日本語で行う介護者のためのセミナーはほとんどありません。 情報収集が難しいので、少しでも役に立つ情報提供や交換ができればとこの無料セミナー、無料座談会(日本語)を提供しています。 Rokuro.Orgのプレゼンターは医学部の教授、助教授、医学研究者、医療従事者、その他色々な分野の専門家や介護経験者です。


Rokuro.Orgはプレゼンターを含む全員がボランティアのグループです。

Rokuro.OrgのApp(無料)はApple StoreからRokuro (六郎)というAppをダウンロードできます。


The Best of Professionals​

(C), TM  2015  Rokuro.Org   

Email: Mail@Rokuro.Org

演題:「頭頸部がんって、なに?」

【概要】 頭頚部がんは、簡単にいうと首(鎖骨)より上で、脳より下に発生するがんを指します。限られた場所ですが、口腔、咽頭、喉頭、鼻・副鼻腔、唾液腺、甲状腺がんと種類が多く、衣服に覆われない部分(体表に近い)、物を食べる・話すときに関わる部分にできるという点で、他のがんとは大きく異なります。それゆえ、がんの進行に応じてそれらの機能・形態に多かれ少なかれ影響を及ぼし、進行すればするほど社会生活に大きなハンディキャップを負うことになります。特に、著名人が罹患した際、報道で如実に現れることから心配・不安を感じるかたも多いのが事実です。当日はそれらの自覚症状から診断のポイント、たばことの関連も含めご説明したいと思います。


【講演者】:野山和廉 Visiting Postdoctoral Scholar
Department of Otolaryngology - Head & Neck Surgery
Stanford University School of Medicine

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医 がん治療認定医 
補聴器相談医・騒音性難聴担当医  厚生労働省認定 補聴器適合判定医・音声言語機能等判定医

演題:「こどもの発達とメンタルヘルス」

【概要】 世界保健機関の統計によると約20%のこども(20歳以下)が何らかの精神疾患や発達関連問題をもっていると報告されています。しかしながら、目にみえないこれらの疾患や問題の理解の難しさ、そしてこれらに対する偏見は根強く残っており、適切な支援や治療を受けられていないこどもたちはまだまだ存在します。当日は、①こどもの発達問題って何だろう?、②学童期・思春期に起こり得るメンタルヘルス問題って何だろう、の2点を中心に話したいと思います。正常と異常の境界が不明瞭なこれらの領域を、発達障害の臨床と疫学研究を専門にする児童思春期精神科医がどのように考えるか、参加者の方々と一緒に共有・議論できればと思います。


【講演者】:廣田智也(ひろた ともや)
2007年神戸大学医学部卒業。日本で精神科医として勤務した後渡米し、テネシー州Vanderbilt大学、その後University of California San Francisco(UCSF)にて勤務。

現在はUCSFにてAssistant professor。児童思春期精神医学分野に所属。

第17 回 特別講演(日本語)


​がん治療認定医による「頭頸部がんって、なに?」


児童思春期精神科医による「こどもの発達とメンタルヘルス」

日時:2019年7月13日(土)1:00PMから4:30PMまで
会場:Wesley United Methodist Church  566 North 5th Street, San Jose, CA
主催:Rokuro.Org 後援:WUMC 日語部 参加費:無料
参加申し込み方法:https://Rokuro.Org からまたはメールでMail@Rokuro.Org

参加人数制限あり。写真、ビデオ、録音など厳禁​​