(C), TM  2015  Rokuro.Org   

Email: Mail@Rokuro.Org

Rokuro.Org

(六郎.オーグ)

演題:その認知症、もしかして甲状腺が原因かも?

概要: 日本人は甲状腺の病気が多いことが知られています。甲状腺は首の前面にある小さな臓器で、体の活力の元となるホルモンを作ります。甲状腺の働きが弱くなる甲状腺機能低下症の症状は、だるさ、むくみ、など一般的な症状のため見過ごされやすいのが特徴です。甲状腺機能低下症は記憶力や集中力の低下などを引き起こすため、特に高齢者で発症すると認知症と間違われることが多々あります。甲状腺機能低下症が原因の認知症に似た症状は甲状腺ホルモン補充療法を行うことで改善することから、甲状腺疾患の特徴や治療法についてお話します。 


講演者: 小菅由果
日本甲状腺学会専門医、日本内分泌学会専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医


​演題:口腔から考えるアンチエイジング

概要: 人にとって、食べることや社会とかかわっていくことはQOL(Quality of Life)を維持する上でとても重要なことです。これらに必要なものの1つに口腔の機能があります。歯や口の機能には①食べ物を噛むこと②話すこと③顔貌を整えることなどがあり、これらの機能は加齢とともに低下していきます。そして、お口の健康が認知症などの脳の機能や全身に与える影響について、近年多く報告されています。セミナー当日は口腔機能の加齢変化を抑制(アンチエイジング)してお口の健康を保つにはどのようにすればよいのか、また、矯正歯科医として咬み合わせの観点からのアンチエイジングについてもお話します。  

講演者: 関(八木)彩子
東京医科歯科大学歯学部卒業、同大学院咬合機能矯正学分野博士課程修了、同大学病院矯正科退局後、首都圏でフリーランスの矯正歯科医として勤務。現在はPalo Altoにて勤務。日本矯正科学会認定医。

老齢化が進み長距離介護や在米介護をされている方が増加していますが、アメリカでは日本語で行う介護者のためのセミナーはほとんどありません。 情報収集が難しいので、少しでも役に立つ情報提供や交換ができればとこの無料セミナー、無料座談会(日本語)を提供しています。 Rokuro.Orgのプレゼンターは医学部の教授、助教授、医学研究者、医療従事者、その他色々な分野の専門家や介護経験者です。


Rokuro.Orgは非営利団体でも営利団体でも無く、プレゼンターを含む全員がボランティアのグループです。


Apple StoreからRokuro (六郎)というAppを無料でダウンロードできます。


The Best of Professionals​

第18 回介護者とシニアのためのセミナー(日本語・無料)


演題:その認知症、もしかして甲状腺が原因かも?

演題:口腔から考えるアンチエイジング(加齢変化の抑制)​

日時:2019年9月21日(土)1:00PMから4:30PMまで
会場:Wesley United Methodist Church  566 North 5th Street, San Jose, CA
主催:Rokuro.Org 後援:WUMC 日語部 参加費:無料
参加申し込み方法:https://Rokuro.Org からまたはメールでMail@Rokuro.Org

参加人数制限あり。録音、ビデオ、写真、録音、勧誘など厳禁など