(C), TM  2015  Rokuro.Org   Email: Mail@Rokuro.Org

Rokuro.Org 第31回​2024年3月

無料オンラインセミナー

質疑応答あり。

認知症専門医による「認知症の理解と備え」

講演後の質疑応答に使う質問を集めています。

質問者のお名前など書かずに質問できますので、ご質問がある方は下記のボタンをクリックして質問ページから質問を送ってください。

米国 2024 年 3 月 30 日(土)

PACIFIC TIME 5:00PM-6:30PM

MOUNTAIN TIME 6:00PM-7:30PM

CENTRAL TIME 7:00PM-8:30PM

EASTERN TIME 8:00PM-9:30PM


日本時間 2024 年 3 月 31 日(日)

9:00AM-10:30AM 

演題:「認知症の理解と備え」

認知症は主に高齢者に発症する疾患であり、日本を含む世界中で患者数が増加しています。この問題に対処するため、日本では認知症基本法が制定されました。 認知症は初期段階では物忘れなどの軽微な症状から始まりますが、病気が進行するにつれて、患者は自立した生活が困難になり、最終的には寝たきり状態に至ることがあります。 このため、認知症の進行を遅らせる薬による薬物療法や介護サービス導入が行われています。 また、精神的症状の出現により介護の負担が増大することもあり、適切な理解と準備が重要です。 認知症になった場合や人生の終末期に関する計画を「人生会議」と呼びます。 最近では新しい治療薬の登場にり、その内容にも変化が見られます。 この講義では認知症の理解を深め、今からできる備えについて説明します。

講演者: 千葉悠平
精神科医 医学博士、 精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、指導医、 日本認知症学会専門医、指導医
積愛会横浜舞岡病院 認知症疾患医療センター副センター長、 YUAD代表 https://www.yuad-consulting.com
 


このセミナー申し込みはhttps://www.rokuro.org/から。

定員あり。申し込まれ た方には、講演日の数日前に Zoom のリンクをご記入のメールアドレスに送ります。